僕はムギである。~売られた喧嘩は買う主義~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

僕はムギである。

皆がそう呼ぶから、そう思っている。

 

僕はほんの少し、大人になった。

 

自分が何者なのか、どこへむかっていくのかはまだ分からないけれど、

正しいことが何なのか、ほんの少し解りはじめてきた。

 

だから勝つだけが全てではないし、勝ちの意味もほんの少し変わってきた。

それでも喧嘩を売られたら、もちろん買う主義だ。

そんな時はやはり、僕は勝たなければならないと思う。

 

僕は僕のお世話をする人に連れられて、『Ocean Papa Land』というドッグランへ来た。

僕が社交の場へ出るのが初めてということで、僕のお世話係はとても怖気づいていた。

 

僕はといえば、大きなワンコ達に囲まれて匂いをかがれても、一向に動じることはなかった。

僕の事を知ろうとしてくれていると感じ、むしろ誇らしくあった。

僕はほんの少し、大人になったのだ。

 

そんな中、僕に言いがかりをつけてくる子がいた。

 

一方的に言いがかりをつけられて、初めのうちは我慢していたけれど、我慢にも限界がある。

そもそも、僕は売られた喧嘩は買う主義だ。

僕は思いっきり言い返してやった。

相手は僕よりも3歳も年上の男の子だったけれど、僕は勝ったのだ。

とはいえ、僕らは互いに実害は与えず、終始話し合いで解決することができた。

少し僕より臆病な性格なだけで、全然悪いやつじゃなかった。

 

僕のお世話係の人は、

「ふぇ~。」

とか、

「ひえぇ~。」

とか言っていて、まるで頼りにならない。

 

全く、大きいだけなんだから。

 

それでも僕は構わない。

僕はほんの少し、大人になったのだ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*