ムギのワンコライフ。その4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

桜が咲き始め、つくしやタンポポも生えてきてウグイスがまだ上手く鳴けないこの時期は、

寒暖差が激しくもありますね。

本日はムギのベッド遍歴をご紹介いたします。

決していやらしい意味ではございませんよ。

成長とともに代わるものですが、サイクルが早い早い。

初代ベッドはこちらの青と白の冬仕様、モコモコと暖かなものでした。

一度目のおもらしの際は、洗って使用しましたが2度目で廃棄となりました。

これが一番最長で、3ケ月は保ちました。

 

 

ベッドではなく使っていない座布団を経由しましたが、

こちらもトイレが横にあるのに、放尿してくれて廃棄となりました。

トイレは出来る子だったのに、トイレで寝ているのも間違いですが

ベッドでの放尿をこの頃よくしました。

2017年12月31日年の瀬に急遽ハワイアンな座布団で過ごすムギ。

 

 

頂き物のベッドがまさかの夏使用でしたが、部屋の暖房が暖かいのか

気にせず寝ています。

しかしながらこの頃、破壊行動にも目覚め破壊の末、放尿し廃棄となりました。

2018年1月1日

 

 

使用していないクッション座布団をもらう。

これは非常に気に入っている模様でしたが、この頃は外での排泄が上手くいきつつあり、

家ではほとんどしなくなってきたので、トイレをゲージの外へ出していました。

部屋の中へと放した際にトイレへと行き、排泄していたからです。

しかしながらこちらも、中の綿を出すと共に2度にわたる放尿で廃棄。

2018年1月27日

 

 

スーパーで、400円という破格の値段で購入したベッド。

サイズ感を間違い狭い。

ものの5分程度で、破壊により廃棄。

まさに破格の値段となりました。

2018年1月31日

 

 

 

そして、現在に至るまで座布団を繰り返し、現状は暖かくなったこともあり

何も引かれていないです。

横たわる脂肪と皮が立派になったムギであります。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*