医者が教える食事術 悪魔の食べ物とは何ぞ?ゾッとする。

皆様こんにちは。

本屋さんに立ち寄った際に、気になって購入した本をご紹介いたします。

こちら、

「医者が教える食事術」

医学博士 牧田 善二 著

医学的に研究されて今までの健康法が間違っていた!なんてことは、よくありますが、

この本によると、今までの太る原因はカロリー!というのが間違っていたことに衝撃を受けました。

何より人間の身体を老けさせたり、太らせる原因は糖質だったなんて。

しかも人工甘味料がもっとも良くないんて。

日本のお菓子や清涼飲料水は、中毒になるほどおいしいのに。

そこがいけないんですね。ムギだって一日のおやつ量や食事の量を制限しているのに、自分が出来ないなんて。

 

今まで一日で一袋ポテトチップスを食べたりしていたのが、この本を読むとゾッとします。

なんでもほどほどにしないといけませんね。

 

他にも色々健康的と思ってやっていた間違ったことや、健康的な食材の食べ方などが記載されていました。

全部守ることはできませんが、時々こういった本で自分を戒めるのも良いものですね。

「健康寿命」を伸ばす食事や運動を心がけます。

 

↓  ↓  ↓ 楽天にもありました。かなり売れている本みたいですね。

医者が教える食事術 最強の教科書 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68 [ 牧田 善二 ]