日焼け止めも無印良品とする。

私と紫外線との戦いは、さかのぼること中学時代からのことであります。

中学の時分、所属していたテニス部のコーチに「あんたが黒んぼ大賞!!」と、不名誉な賞をいただいてから約20年。。紫外線という紫外線を浴びないよう過保護に過保護に太陽から守られてきた私の肌は、真っ白になりました。しかし過保護すぎたみたいで、紫外線に触れると赤くなる紫外線アレルギーになってしまいました。

 

20代は大切にしていた肌も結婚して奈良に引っ越してくると、自然豊かで自分まで自然体になったかのような気分になり、そして紫外線から無防備な姿でムギの散歩へ出てしまうこともしばしばありました。

紫外線アレルギーといってもそれほど酷いわけではなかったみたいで、太陽になれてきて少しずつ赤い発疹が出なくなり、日焼けするようになったのです。紫外線との戦いも終止符か、と思いきや当たり前のことですが今度はシワとシミに悩むことに。。

しかも日焼けをしてこなかった人が、急に日焼けすると皮膚ガンになる可能性が普通の人より高くなる、と聞いて慌てました。

もうすでにボロボロの肌に、効果がよくても肌に負担のかかる日焼け止めは本末転倒の騒ぎになるし、どうしたものか、、と思っていたのですが、化粧水も乳液も無印良品のものを使用しています。

 

「敏感肌用 薬用美白化粧水(高保湿タイプ)」税込1,590円

「敏感肌用 薬用美白美容液」税込1,390円

 

上記を使用していて、肌が特別あれることも滅茶苦茶改善されることもありません。

ですが、過保護にいたわり過ぎて自力での肌のターンオーバーの力??みたいなものが落ちていた気がする私の肌が、自立してきた気がします。

それにこのボトルのシンプルさ。素敵です。

 

ということで、無印良品の

「敏感肌用 日焼け止めミルク」税込1,490円

を、化粧水→美容液→日焼け止めミルク→ミネラルファンデーション

の順で使用することにしました。

ちょっと、塗る際に独特の臭いはしますが私はそこまで気になりません。

ワンプッシュで手足にも簡単に塗れて便利です。

 

日焼け止めは2時間程度で効力が落ちて塗りなおさないといけないそうですが、ファンデーションやら眉毛やらやり直すのは面倒なので、こちらも購入しました。

「日焼け止めミスト」税込790円

こちらは、私には完全無臭に感じました。

 

ミストといっても水滴がかなりつくので、

ハンドプレスしてなじませて使っています。

こちらも夕方のムギの散歩前とか、外出先とかで気軽に使えて便利でした。

 

夏本番もこれで今年は乗り越えようと思います!!