丁寧な暮らしに憧れる

出来るもんならやってみたい丁寧な暮らし。

憧れる。

人から見れば普通の暮らしだとしても、

少しずつ「丁寧」目指してみよう。

朝起きてベッドを整えていなければ、整えるだけでも

いち、丁寧。

 

朝食の菓子パンを袋から出してお皿に乗せるだけでも

に、丁寧。

 

花瓶の花が勝手にドライフラワーになっていても

さん、丁寧。

・・・。

 

おやつに無添加のポテトチップスを食べるだけでも

よん、丁寧。

 

ムギの散歩を少し遠方まで歩いて、違う景色を眺めてみるだけでも

ご、丁寧。

 

私の頭の中で思い描く丁寧の権化、

ドラマ「パンとスープとネコ日和」の時の、

小林聡美さんが頭の中でカウントしてくれる。

 

そのハードルは限りなく低い。

 

心の余裕が丁寧な暮らしを生み出すのだとしたら、私に心の余裕はない。

心は常にアタフタとテンパっている。

瞑想から始めるべきかしら?

過ぎていく一瞬一瞬に心の満足度を高めてあげられたら、少し余裕を持つことが出来るかもしれない。

そんなことを考えながら、今日もムギの尻を撫で回す。

これが一番落ち着く一時です。