私の櫛は、本つげ櫛。

7月に入ったのに、

梅雨が開けるどころか

梅雨入りしたばかり。

毎日雨が轟々と降りつづき、

日本各地の災害の模様がテレビで流れ、

心苦しいです。

 

梅雨前線が大暴れせずに

早く去ってくれることを、

湿気でサイババヘアーとなった私は、

祈るばかりです。

 

髪型がサイババと化しても、

私にはスピリチュアルな力はありません。

それでも、祈りは捧げます。

 

しかしそれはつまり側から見れば、

ボサボサ頭のただのオバサンです!

私がいくらサイババのつもりでもっ!!

 

服装をいくら気をつけても

髪がだらしないと、

ダサダサでみっともなく見えちゃいますね。

 

髪は女の命と昔からいう通り、

髪質はどうしようもないとしても

セットを試みているかいないかで、

その人のだらしなさが、表に出てしまいます。

(※お金をかければ美容院で何とかなりますが(^◇^;)

極力自然なままで、お金はかけたくありません。)

 

 

素敵だなぁ、

と人々に思わせる「素敵女子」達に、

みだれ髪はいません。

 

サイババヘアーを一気にしずめるのは、

ヘアオイルが効果的です。

しかし、オイル系のデメリットは時間が経つと

酸化して臭くなることです。

それがオヤジ臭そのものなんです。

 

オヤジが醸し出す香りの正体は、

酸化した皮脂の匂いだったのか?!

そんな事実知りたくなかった。

自分のうなじから、オヤジ臭がする恐怖。

 

アラフォーという年齢も手伝ってのことでしょう。

サイババ→オバサン→オヤジ

(一周回ってやはり私は、サイババなのかもしれない。)

 

そんな特に梅雨に悩める私の髪には、

長年「本つげ櫛」です。

 

本つげ櫛のお手入れは、

椿油などをたまに馴染ませて

通気性のいいところに保管してあげるだけ。

 

つげの櫛がオイルを吸ってくれているので、

地毛にベタベタとオイルを塗らなくて済みます。

 

静電気も起こりません。

髪に艶が出ます。

髪をとかすと汚れが取れて、

ほんの少し匂いもマシになります。

 

サイババ→オバサン→オヤジ

のループが頭をよぎったら、

つげの櫛で髪をとかして心をしずめる梅雨の私でした。

本当に心が清らかに鎮まるから不思議。

 

 

※つげの櫛は、濡れると痛むので雨に濡れた髪や

お風呂上がりは使用しない方が良いです。

革製品の様に油を染み込ませてキチンとお手入れしながら使ってあげると、何年も長持ちしてくれるので愛着がでる良いものです♪